急上昇ワード

検索履歴

"oil" に関するウィキペディアの検索結果

'油'(あぶら、ゆ、oil)とは動物や植物、鉱物などからとれる水と相分離する疎水性の物質。一般に可燃性であり、比重が小さく、水に浮く。常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがある『飲食事典』本山荻舟 平凡社 p11 昭和33年12月25日発行。高級一価アルコールと高級脂肪酸とのエステルを蝋という。精油(エッセンシャル・オイル)は、脂肪を含まず油脂とは区別される。 用途としては食用、燃料用、産業用などに大別される。 ==性質と脂肪酸構成== 常温で液体である植物油や魚油などには不飽和脂肪酸が多く含まれ、常温で固体である肉の脂などには飽和脂肪酸が多く含まれている。両者をまとめて油脂と呼ぶ。 普通の油脂は脂肪酸とグリセリンの化合物であり、一般にトリグリセリド(トリ-''O''-アシルグリセリン)の形態を取る(例外 : エコナ等)。 * 不飽和脂肪酸とは炭素鎖に二重結合もしくは三重結合を持つもののことで、α-リ...

"oil" のレビュー・口コミ・情報 検索結果
"oil" に関連する情報はありません。