急上昇ワード

検索履歴

"有用微生物群" に関するウィキペディアの検索結果
有用微生物群
'(ゆうようびせいぶつぐん、、'EM')とは、1994年に琉球大学農学部教授の比嘉照夫が命名した微生物資材およびその関連商品の商標である。この語は比嘉による造語である。通称'EM菌'。2000種の有用と思われる微生物から、一般に食品加工に使われる安全を確認した5科10属81種の微生物群であり、2002年に設けた国際基準では主な3種とし、その他は共存している種が多い方が望ましいとした。国際基準となったEM(有用微生物群)を構成する主な3種は、光合成細菌()、乳酸菌(、)、酵母()である。 == 誕生と普及 == 近代的な農業が普及すると、化学肥料や、農薬中毒など農薬の害が認識され自然農法や有機農業が注目された。1960年代に『沈黙の春』や1970年代に『複合汚染』がベストセラーとなり、1990年代にも農林水産省は環境保全を目指す農業を取り上げたり、有機農産物の認定基準を策定してきた。 EMは、微生物による農業資材を開発していた森山...

"有用微生物群" のレビュー・口コミ・情報 検索結果
"有用微生物群" に関連する情報はありません。