急上昇ワード

検索履歴

"副作用" に関するウィキペディアの検索結果
副作用
'副作用' (ふくさよう、) とは、医薬品の使用に伴って生じた治療目的に沿わない作用全般治療目的の作用は「主作用」と呼ぶ。薬効とも呼ぶを指す。狭義には、医薬品の使用に伴って発現した好ましくないできごとのうち当該医薬品との因果関係が否定できないものを指す。この好ましくない作用を厳密に指す場合には、'薬物有害反応'(、ADR)の用語が用いられる。一般に副作用といった場合には、両者が混合して用いられている。その他の定義については、定義節にて触れる。 特に副作用が強く、安全な使用に注意が必要とされる医薬品はハイリスク薬と呼ばれる。副作用の発生率は、実際の臨床では、服用量や併用薬や既往歴、また期間といった条件によって異なってくる。医薬品の添付文書における副作用の発生率の記載は、治験の条件においてのことであり、実際の利用のされ方によっては、それよりも高まる。 == 概念の歴史 == 最初は医療者の立場にも...

"副作用" のレビュー・口コミ・情報 検索結果
"副作用" に関連する情報はありません。