ステロイド中毒 - アトピーインフォブログ
2011/01/06 16:59

ステロイド中毒



記事内容


ステロイドの恐ろしいところの一つは、 使い始めるとやめられなくなる、

ということではないでしょうか。

・弱いものが効かなくなり、強いものへと移行。→ステロイド皮膚症へ

・効かなくても、やめると悪化するので、やめられない。

・ステロイドをやめると、元の状態より悪化。

・長い間使用した後やめると、ひどいリバウンドを引き起こす。


脱ステロイドを決意した場合、リバウンドは避けて通れない道です。

リバウンドというのは ステロイドを止めると、アトピーを抑えるために、

ステロイドによって出されていた 「戦ってはならない」という指令が

突然なくなります。そうすると体の中には、指令によって抑えられていた

戦闘部隊ばかりが残るので、皮膚細胞は全身のあらゆる刺激にたいして、

狂ったように戦い始めます。ひどい炎症がおこり、皮膚がやぶれ、体液が

流れ出てきます。 ちょっとした刺激で今までなかったところにも、炎症がおこり、

強いかゆみを引き起こします。 ひどい人は、悪寒、発熱もおきます。